見つけなサイト

あなたの探しているサイトを見つけよう!

リフォーム

屋根リフォーム費用と相場

投稿日:

屋根リフォーム費用と相場

 

屋根リフォーム

 

屋根のリフォームは

もちろんマンションも

ありますが、

 

ここでご紹介させて頂けるのは、

戸建てだけになってしまうでしょう。

 

そしてこのリフォームは、

前回の外壁のリフォームと

一緒に行えば

足場代等の節約になります。

 

できれば、

一緒にできるタイミングで

屋根のリフォームをする事が

望ましいと思います。

 

 

化粧スレートの屋根を

塗り替えたり

カバー工法で葺き替えたり

遮熱塗料で塗り替えたり

 

塗り替えるリフォームと

屋根材そのものを葺き替えてしまう

というリフォームがあります。

 

全体的にみて

その費用と相場は、

 

50万円~100万円前後

 

といったところでしょうか。

 

 

 

塗り替え、化粧スレート

 

現在最もよく使用されている

化粧スレートですが、

 

それは、

他の屋根材と比べると

低価格なうえに

 

加工もしやすいという

理由がその大きな

要因のひとつかと思います。

 

初期費用はそれほど

かかりません、

むしろ低めかもしれません。

 

しかし

塗装仕上げとなりますので、

定期的に塗り替えをした方が良く、

メンテナンスを必要とします。

 

 

塗り替え時の目安は

7~8年と言われています。

 

色あせを感じたり、

カビやコケで汚れが

目立つのであれば

 

それが

塗り替えをする時に

なります。

 

見栄えが良くないだけでなく、

雨漏りの原因にもなります。

 

塗料も種類はたくさん

あります。

 

ポリウレタン系、シリコン系、

フッ素系など色々な種類が

ありますので、

それぞれの特質や価格によって

予算を決めて

専門業者さんに相談されるのが

良いでしょう。

 

また、

高い場所での作業ですので

塗り替え費用の他に

 

足場費用や

養生(工事個所の防護)費用

 

 

もかかりますので、

頭に入れておいて下さい。

 

従って、再三

申し上げています様に

足場を必要とする外壁の

リフォームなどと一緒に

計画されるのが

ベターな方法かと思います。

 

 

葺き替え、カバー工法

 

築15年~20年を過ぎて

しまったら、

塗り替えよりも

葺き替えを検討する

必要があります。

 

しかし

この葺き替えにも

2つの方法があります。

 

ひとつは

全て取り払って新しいものに

替えるという工法と、

 

既存の屋根を撤去せず

上から新しいものを

かぶせるという

カバー工法というものです。

 

ここではカバー工法について

説明させて頂きます。

 

屋根を解体せずに済みますので

 

廃材が出ない

 

ということで工期は短くて

済みますし、

費用も安くなり、

メリットは多いです。

 

 

特筆すべきは

既存の屋根が

2006年まで使用されていた

アスベストを含む場合は、

カバー工法が有効だと

言われています。

 

このため、

リフォーム業者さんからは

勧められることも多いです。

 

屋根を2重にするわけですから、

おのずと断熱性や遮音性も

良くなりますよ。

 

ただし、

将来家を解体する場合には

そのための費用が必要になる

ということは頭に入れておいた

ほうが良いでしょう。

 

カバー工法の屋根材は

たくさんあります。

 

リフォームの構想と

お金の予算等と見合わせて

業者さんと良く相談し

適切なものを選べることが

できるのも良いですね。

 

リフォーム比較プロで見積もり比較

遮熱塗料で塗り替え

 

この十数年というもの

毎年猛暑よりもひどい

酷暑とでも言うべき

暑さが続いています。

 

こんな中で

空調代を節約できて

省エネにもなる

と注目度が高いのが

遮熱塗料です。

 

屋根を塗り替える時に

その塗料に遮熱塗料を

使用することによって、

 

太陽光を反射させて

室内の温度が上がりにくくなる

というメリットがあるのです。

 

 

色が黒や茶という

シックな色合いの屋根にも

遮熱塗料は高い効果が

得られるようです。

 

一般塗料よりも

若干費用は掛かりますが

遮熱塗料を使用することで

屋根材が熱による影響を

受けることが減り

 

屋根そのものの寿命をも

長くできるというのも

ひとつのメリットになります。

 

さらに

一般塗料の耐用年数が

約5年~10年

と言われているのに対し

 

遮熱塗料は

約15年~20年

と長めですので、

総合的にはお得になりますよ。

 

断熱・遮熱の両方に強いもの、

遮熱だけに特化したものなど

その種類もたくさんありますので、

業者さんとよく相談して

その目的にあったものを

選ばれると良いと思います。

 

まずは相談してみよう!

 

 

ま と め

 

単に屋根の補修的な

捉え方ではなく、

 

もう一歩踏み込んだ

リフォームをされることを

お勧めいたします。

 

遮熱・断熱効果のあるもので

リフォームをすれば

暖房費やメンテナンス費用の

節約にもつながります。

 

総合的な費用削減という

ことになります。

 

 

また屋根断熱をすれば

ロフトや屋根裏部屋が

夏でも快適になって

生活できる場が広がります。

 

そして

何度も言わせて頂いている

足場を作る費用がかさむので、

できれば外壁のリフォームなどと

一緒に工事を依頼されるのが

理想的ですね。

 

とにかく相談してみよう!

 

-リフォーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

玄関リフォーム費用と相場

玄関リフォーム費用と相場   目  次1 玄関リフォーム2 戸建の場合3 マンションの場合4 ま と め 玄関リフォーム   玄関のリフォームも ケースバイケースの リフォームになると思いま …

ダイニングリフォーム費用と相場

ダイニングリフォーム費用と相場   目  次1 ダイニングリフォーム2 戸建の場合3 マンションの場合4 ま と め ダイニングリフォーム   そもそもダイニングとリビングの違い、 その差っ …

外構とエクステリアのリフォーム費用と相場

外構とエクステリアリフォームの費用と相場   目  次1 外構とエクステリアのリフォーム2 プライバシー確保のため3 ブロック塀の設置4 バリアフリーからの外構リフォーム5 ま と め 外構 …

クロス貼替リフォーム費用と相場

クロス貼替リフォーム費用と相場   目  次1 クロス貼替リフォーム2 6畳をリフォームするといくら?3 各部屋の広さと価格4 ま と め クロス貼替リフォーム   現代の私たちの住まいの中 …

洋室リフォーム費用と相場

洋室リフォーム費用と相場   目  次1 洋室リフォーム2 戸建の場合3 マンションの場合4 ま と め 洋室リフォーム   洋室をリフォームする時に ご注意いただきたいのは、   …